※開催延期※【飛騨高山】12蔵・飛騨の蔵元勢ぞろい!!~日本酒の聖地「飛騨の酒」に酔う~

2020.02.21


【開催延期】


令和2年3月1日日曜日に、飛騨高山まちの体験交流館にて開催を予定しておりました、12蔵・飛騨の蔵元勢ぞろい!!~日本酒の聖地「飛騨の酒」に酔う~は、新型コロナウィルス感染症予防のため、開催を延期する事が決定されました。ご来場を予定いただいておりました皆さまには、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。延期日程など決まり次第、あらためてお知らせいたします。



飛騨の酒をじっくりと堪能しよう!『12蔵・飛騨の蔵元勢ぞろい!!』




飛騨高山の日本酒を味わう試飲イベントが開催

岐阜県高山市にある「飛騨高山まちの体験交流会館」にて、飛騨高山の日本酒をじっくりと味わえるイベント『12蔵・飛騨の蔵元勢ぞろい!!~日本酒の聖地「飛騨の酒」に酔う~』が2020年3月1日(日)に開催されます。

酒どころとして知られ、人気のある飛騨。



本イベントはこの地にある12軒の造り酒屋すべてが会場に大集結し、その味を楽しむことができる有料の試飲会となっています。まさに「高山の旬を楽しめる冬のイベント」ですね!その旬のおいしさの中に、それぞれの蔵元の個性やこだわりを発見してみてはいかがでしょうか。このイベントの利点のひとつは、日本酒を知り尽くした店員からアドバイスがもらえることです。品揃えが豊富な店では、どれを選べばよいのか迷うことがありますが、店員に相談しながら選ぶことで、自分好みの納得のいくお酒に出会えます。また、限定品や新しく入荷した商品などの情報を知ることができる点も、日本酒店で購入するメリットです。さまざまな種類の日本酒に触れるよいチャンスでもあるので、ぜひ積極的に参加してみましょう♪

どんな日本酒が楽しめる?登場する蔵元をご紹介




1.舩坂酒造店

舩坂酒造店では代表銘柄の「深山菊」。大吟醸深山菊は歴代の杜氏より脈々とその古来よりの卓越した技術を受け継いで作られている芸術的一品。穏やかに立ち昇る果実のような甘い香りがあり、口に含むと舌の上に広がる米の甘味とキリリと引き締まった辛さを感じつつ、喉越しはスッキリとした辛口の吟醸酒です。日本酒の旨さをしっかりと感じることができる贅沢な一品です。

 
2.渡辺酒造店

「蓬莱 純米大吟醸 愛山生原酒」は、幻の米“愛山”を蔵元の愛で仕込んだ純米大吟醸です。搾った原酒をそのまま直詰しました。愛山とは、あの銘酒「十四代」が使用したことで一躍有名になった酒米で、日本で最も稀少なお米です。ここでは、播州東条の農家さんに3年越しでお願いして、今年に限りやっとやっと20俵を確保することができました。「愛山を知っていれば、どんな酒ツウも舌を巻く」と言われるほど、入手困難です。穏やかで、柔らかな口当たりなので初心者さんでも飲みやすいと思います!

 
3.平瀬酒造店

平瀬酒造店では「久寿玉 手作り純米」を試飲することができます。米と米麹だけで仕込んだお酒です。ソフトでなめらかな旨味成分とキメの細かい酸味が調和しています。冷やとぬる燗で二度楽しまれては、いかがでしょうか。北アルプスの伏流水で仕込んだ一品。“岐阜の味”を十分に感じることができそうですね!

 
4.蒲酒造場

蒲酒造場からは、「純米大吟醸 白真 弓誉」を試飲することができます。大切な人に飲んでもらいたい、そんなおいしい酒を作りたいという思いで丁寧に仕込んだ酒が「純米大吟醸 誉」です。大粒で酒造りに適した飛騨の米「ひだほまれ」を40%まで磨き、フルボディで味の太さが感じられる酒に仕上げました。華やかでありながらも優しく上品な香りと、雑味とはまた違った複雑かつふくらみのある味わいが特徴です。

 
5.川尻酒造場

川尻酒造場の「熟成古酒 天恩」は、飛騨産の酒米を使用し、位山山系の伏流水で仕込んだ本醸造酒を厳しい温度管理の下、数年かけて熟成します。香味のバランスに優れ、熟成したアルコール香をしっかりと感じさせてくれます。十分に感じるコクがありつつも程良い酸味が味わいを締めてくれているので、口当たりは以外と柔らかで呑み易さがあります。飲み方も冷酒からお燗まで様々な飲み方を好みで楽しむことができる表情豊かです!

 
6.二木酒造

二木酒造では「大吟醸 生酒 氷室」を試飲することができます。飛騨で「生酒」ブームを起こしたといわれる大吟醸の生酒「氷室」。厳選された飛騨産の酒米を半分になるまで丁寧に磨き使用、極寒の寒さの中で仕込まれた大吟醸です。仕上がった酒に熱を加えず「生」のまま蔵元独自の貯蔵方法・製品管理をして出荷されてたことから「氷室」と名付けられました。丁寧に作られた生酒の魅力を是非ご賞味下さい!

 
7.天領酒造

酒米「ひだほまれ」を100%で醸した「てんぷうにごり酒」は、瓶内発泡したスパークリングです。飛騨産酒造好適米 「ひだほまれ」 と無菌天然水(超軟水・地下水)で醸した、純米の発泡にごり酒です。炭酸を加えるのではなく、シャンパンのように瓶内で二次発酵させて泡を造りました。シュワーとはじけるキメ細やかで繊細な泡立ちと、米の旨味を十分に生かし、ほんのりとした甘味がある心地よい口当たりがクセになります。ごり酒は冬限定品となりますので、要チェックです!

 
8.奥飛騨酒造

奥飛騨酒造からは「初緑 特別純米 無濾過生原酒」を楽しむことができます。フルーティーで、初緑シリーズ一番人気です!兵庫県産酒造好適米「山田錦」100%使用の純米吟醸酒です。極寒期に上槽したお酒をそのまま瓶詰め、滅菌や味の調整などを施さないすっぴんのお酒です。素の美味しさは是非とも味わっておきたいですね。メロンや青林檎など爽やかなフルーツを彷彿させる吟醸香、バランスの良いコクと口当たりのよさは、格別です!

 
9.原田酒造場

「山車 しぼりたて本生 花酵母造り」は、飛騨高山「山車(サンシャ)」蔵元・原田酒造が飛騨流厳冬寒仕込みによりできたモロミを搾ったまま蔵出しする冬季限定酒「山車 しぼりたて 本生 花酵母造り」。清冽なる北アルプスから汲み上げる伏流水と良質な飛騨産のお米で、本醸造タイプですが吟醸酒と同様の麹作り・モロミ管理をし、丁寧にじっくりと醸しあげた新酒です。華やかで芳醇な香り、そして瑞々しく、キレのある味わいを楽しむことができます!

 
10.平田酒造場

平田酒造場では「純米酒 飛騨の華」を楽しむことができます。飛騨産の酒造好適米であるひだほまれを使用し45%まで磨き上げ、宮川の伏流水でじっくりと低温発酵で仕込んだ純米大吟醸です。飛騨の華らしい淡麗ですっきりとした味わいとひだほまれの米の甘味が含んだ瞬間に味わえる一品。控え目ではありますが果物にも似たフルーティな吟醸香をしっかりと感じさせてくれます。格調高いコクとキレのバランスが絶妙な少量仕込みの稀少な大吟醸です。冷やして飲むのがお勧めです!

 
11.老田酒造店

「飛騨國高山 純米大吟醸原酒 さくら」は、岐阜県産の「ひだほまれ」を100%使用し仕込んだ純米大吟醸です。その味わいの深さは原酒ならでは!原酒ならではの味わいが深く、女性好みの程よい甘さが広がります。優しさのある甘さが女性に人気♪女性で日本酒初心者の方は是非チェックしてみてください!

 
12.大坪酒造店

「清酒 飛騨娘 原酒」は、飛騨地方の最も北に位置した飛騨市神岡町に「辛口の神代」「甘口の飛騨娘」と地元で愛され続ける酒造りを行っている大坪酒造。この「飛騨娘 原酒」はあきたこまちを使用した、甘めでしっかりとした呑み応えが特徴的な昔ながらの酒です。ふくよかで柔らかな甘味のある口当りを堪能しながらも口に含めば重厚感のあるしっかりとした旨味が広がります。しっかりとした飲み応えを楽しむことができる手作りの原酒です。

どう楽しんだらいい?料金と楽しみ方について



◆料金
このイベントは有料の試飲会となっています。試飲会への参加費は1,000円で、この料金には蔵元名入り
酒札12杯のほか、特別記念杯がセットとなっています。こだわりを持つ蔵元のお酒を存分に飲み比べ出来
ます♪追加でもっと楽しみたい!という方は、追加5杯分として500円の酒札も販売されていますのでそち
らをお買い求め下さい。
※追加分の購入の場合、記念杯はつきません。
※当日イベント会場では、飛騨の酒や酒器なども販売されています。(別途料金が必要)

◆楽しみ方
楽しみ方はとっても簡単!受付で参加料を支払い、酒札と記念酒杯を受け取ります。この酒杯を持って
各酒蔵のブースを巡り、飲み比べをするだけ!蔵元の方からおすすめの飲み方や合う食事などの話を聞
いて回るのもおすすめですよ。日本酒初心者の方は、日本酒のことを教えてもらえるかも!美味しく飲
み比べをして、日本酒を存分に楽しみ、ハマっちゃうかも♪

ココもポイント!



イベント会場では、試飲できた蔵元のお酒を購入することもできます。お気に入りの日本酒を見つけたら是非GETして下さいね!その日本酒に合う料理やおつまみなども聞いておくと、より一層楽しむことができるので忘れずに聞いておきましょう♪

開催日
2020年3月1日
開催概要
【開催時刻】9:30~15:00 ※受付14:30まで
【参加費】 ■ 1,000円 (蔵元名入り酒札12杯 /特別記念杯付き )
      ■ 追加5回 500円(記念杯は付きません。)
開催場所
飛騨高山まちの体験交流館

岐阜県高山市上一之町35-1

問い合わせ先
飛騨・高山観光コンベンション協会 TEL(0577)36-1011
書いた人:HIDABAKO編集部(fuji)

イベント一覧へ戻る