【飛騨高山】二十四日市★毎年恒例、年に一度だけの特別な行事が開催されます!

2020.01.06

2020年~賀正~


新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき、
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、
より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。





飛騨の恒例行事「二十四日市」が今年も開催されます。



飛驒地方の伝統工芸品や日用雑貨、食べ物などを売る出店が並ぶ「二十四日市」が1月24日、高山市中心部の本町通り、安川通りで毎年開かれています。「二十四日市のころは天気が荒れる」という地元の言い伝え通り、この頃の市中心部は気温も低く、粉雪も降り続いたりするのですが、市の推計では約4万人程の人たちが訪れるほどの大盛況なイベントとなっています。

高山市の冬の風物詩、二十四日市は、旧暦時代には十二月二十四日に開かれ、近在農家が農閑期に作った、竹かご、ひ笠(がさ)、まき、炭、むしろ、みのなど手作りした日用品を、町の人に売ったのがはじまりです。現在は中心商店街の本町通りと安川通りで行われ、竹細工のざる(小屋名しょうけ)や、一之宮町の宮笠、久々野町の有道(うとう)しゃくしなどの民芸品などの露店が並び、毎年大勢の買い物客が訪れます。


農作業がない冬のあいだ、農家の人たちによる手作り品を売る市としてはじまりまったことから、飛騨伝統の民芸品も買うことができるほか、今では飛騨のご当地グルメ、お菓子、近隣県から干物や海産物といったありとあらゆるものが売られ、たくさんの人たちで賑わいます。

この二十四日市は年に一度だけ行われる行事です。この時期だけ楽しめる特別なイベントに是非足を運んでみてはいかがでしょうか?地元の方はもちろん、観光に訪れた際のおすすめスポットです!厳しい寒さですが、来てくれた人たちを温かく迎えてくれる高山市民の店主さんや近隣県から出店されているものも多数あるので行ってみる価値はあります!
開催日
2020年1月24日
開催概要
【開催時刻】午前10時00分~午後5時00分
【アクセス】JR高山駅より徒歩約10分
【近隣駐車場】市営空町駐車場(128台)・市営えび坂駐車場(55台)
       ※駐車場利用の際は有料となります。
開催場所
本町通り、安川通り

岐阜県高山市本町1〜4丁目

問い合わせ先
高山市観光課 TEL:0577-32-3333
書いた人:HIDABAKO

イベント一覧へ戻る