飛騨の隠れた名物「漬物ステーキ」は冬の定番メニュー!

家庭の味「漬物ステーキ」

高山に来たら食べたい名物グルメは、飛騨牛に高山ラーメン、みだらしだんごなどなどたくさんありますよね!
もう一つ、地元民が大好きな隠れた名物があります!それは、漬物ステーキ。
お漬物は朝市などでも売られていますが、実は、飛騨の冬に無くてはならない食べ物なんです。

赤かぶも11月頃からが収穫時期です!

その昔、雪が降って畑から野菜が採れない間でも野菜を食べられるようにと、雪が降る前に採れた野菜で家庭で作られたのが漬物だったんです。

今もその文化はあり、家庭で漬物をつけるのはもちろん、漬物を焼いて卵でとじる漬物ステーキが冬の定番メニューになります。

なぜ漬物を焼いたのか、それは、漬物が酸っぱくなって食べられなくなったから焼いて食べた説や、寒さで凍ってしまった漬物を溶かした説、食べ飽きたから味を変えた説など諸説ありますが、なんせ一度食べてみて下さい!
最近では居酒屋さんなど出しているお店も増えました。

お酒もご飯もすすむあの味、きっとやみつきになりますよ~
Alternative TextAlternative TextNULL
書いた人:もっち

生まれは高山、進学と就職で大阪へ行き、30歳でUターンしてきて高山でのんびりと暮らしている飛騨っ子です!晴れた日に乗鞍岳を眺めながらドライブするのが最高に幸せなんやさな~ 【HIDABAKO公式記者】

前のページへ戻る