管粥神事で2019年を占う

小正月に行われる神事

小正月に行われる行事といえば、

「どんど焼き」

それから「吉凶占い」も行われます。

お粥を炊いてその年の豊作を占なったりするそうだ。

高山にも管粥(くだがい)神事を毎年1月14日に行っている神社があります。


約600年続く神事

伊太祁曽(いたきそ)神社で約600前から行われている管粥(くだがい)神事。

麻管(麻の茎)に占い事を記した木札を付けてお粥と一緒に煮立て、吉凶を占います。


釜は外だった

神事に使われる釜は外。

今年は雪が少なく、晴天でしたが、

雪で天候が悪いときなどは大変だと思います。


今年は何が豊作?

2時間程で釜から出された、

麻の筒

目の前で割られて結果をみます。

今年はレタスが豊作とのこと。

他にも野球や景気など

その場で教えてくださいました。

さぁ、どうなるか楽しみです。


これを食べると一年間無病息災

神事後に釜のお粥が参拝者にも配られます。

食べると一年間無病息災で過ごせるそうです。


おまけ、

神社の狛犬さんがとても可愛い…


bool(false)
書いた人:でん

飛騨の自然が好きで、来ているうちに移住しちゃいました(≧∇≦) 飛騨は楽しい!【HIDABAKO公式記者】

前のページへ戻る