【エリアニュース】伊太祁曽神社にて「管粥神事(くだがいしんじ)」が執り行われます。

2016.01.12

管粥神事 (くだがいしんじ)

1月14日(木)午後1時より、高山市丹生川町旗鉾にある伊太祁曽神社にて「管粥神事(くだがいしんじ)」が執り行われます。
約6cmの麻ガラ(麻の茎)に、農作物の作況・気象・社会景気・プロ野球ペナントレースなど約140項目の占い事を記した木札をつけ、粥の材料となる米・大豆・小豆などと一緒に大釜で煮立てます。
釜揚げし神前にお供えしたあと、麻ガラを一つずつ切り開き、粥の入り具合で一年の吉凶を占います。
神事後には、参拝者にもお粥が配られ、これを食べると一年間無病息災で過ごせると言われています。

皆さん、是非お越し下さい。

by飛騨乗鞍観光協会★Facebook
Alternative TextAlternative TextNULL
書いた人:kai

【HIDABAKO編集長】 飛騨在中。北アルプスの麓、大自然と温泉が素晴らしいエリアを盛り上げるお手伝いをしています。 岐阜県を中心に旅の魅力を発掘&発信していきます! リクルート社ではじゃらんスタッフとして奥飛騨を担当し、卒業後は株式会社結を設立。

前のページへ戻る