飛騨大鍾乳洞の「氷の渓谷」始まってます!

高さ30mの氷柱は圧巻!

高山駅から車で40 分ほどの場所にある飛騨大鍾乳洞。
日本で一番標高の高い鍾乳洞で、洞内は年間通して10 度前後のため、夏場はひんやりスポットとして多くの人が訪れる人気の観光スポットです。

ここの、冬場の隠れた名物が「氷の渓谷」!
鍾乳洞を見終わった帰り道の山肌に、突如、巨大な氷柱が現れるのです!

まさに、自然が作り出す芸術

川の水をくみ上げてホースで撒き続けることで、気温の下がる冬場には自然に巨大なツララが出来上がるんです。
一番大きいもので30m!
下から見上げると太陽の光でキラキラ輝いてとてもキレイ!
一見の価値アリですよ。

今年は暖冬で氷の出来が遅かったそうですが、この寒波でグングン成長中。
2 月にかけて見頃を迎えそうです!
また、2月には夜間ライトアップも予定されていますので気になる方は問い合わせてみて下さい!

場所:飛騨大鍾乳洞
住所:高山市丹生川町日面 1147
4月~ 10 月 8:00 ~17:00
11月 ~3月 9:00~16:00
料金:大人 1100 円 小中学生550 円

年中無休
問合せ先:0577 -79 -2211
Alternative TextAlternative TextNULL
書いた人:もっち

生まれは高山、進学と就職で大阪へ行き、30歳でUターンしてきて高山でのんびりと暮らしている飛騨っ子です!晴れた日に乗鞍岳を眺めながらドライブするのが最高に幸せなんやさな~ 【HIDABAKO公式記者】

前のページへ戻る