1月15日は飛騨市古川町の三寺まいり

雪像ろうそくの灯りが幻想的です

明日1月15日(金)は、飛騨市古川町で三寺まいりが行われます。

街中がろうそくの明かりに灯されてとっても幻想的な雰囲気になり、着物姿の女性も大勢いて素敵なイベントです。

三寺まいりは、毎年行われる伝統行事で、なんと300年以上もの歴史があるんだとか!

浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の遺徳を偲び、真宗3ヶ所のお寺を参拝する行事です。

そのため、3つのお寺をつなぐ市街地には大きな雪像ろうそくが立てられます。

明治・大正時代には、飛騨から長野へ出稼ぎに行っていた年頃の娘たちが帰省し、着飾って巡拝したことから、男女の出会いの場になったそうで、現在では縁結びのお参りとしても知られています。

瀬戸川沿いでは、縁結びにご利益があるという千本そうろくや、灯篭流しが行われ、参拝者も有料で参加できます!

しかしここで一つ注意事項が。川の周辺にはカメラ小僧がめーっちゃいます!時々そのカメラマンが、良い写真を撮りたいばかりにポーズを指図してくることがあるのでご注意を…特に着物姿の女性。私も言われました。「はい流して~はい拝む!」と。すぐに拝まないと灯篭と一緒に写真に収まらないんだとか。知らんがなっ!お願い事言うの忘れたがなっ!

今年は雪不足のため、雪像ろうそくの雪は飛騨市の数河の方から集めてきたとか。

雪像ろうそくの数も半数に減ってしまうそうですが、幻想的な雰囲気はいつも通りでしょう。

また、飛騨グルメのイワナの塩焼きや五平餅などが出る門前市もありますので、縁結び目的じゃない人もぜひっ!
Alternative TextAlternative TextNULL
書いた人:もっち

生まれは高山、進学と就職で大阪へ行き、30歳でUターンしてきて高山でのんびりと暮らしている飛騨っ子です!晴れた日に乗鞍岳を眺めながらドライブするのが最高に幸せなんやさな~ 【HIDABAKO公式記者】

前のページへ戻る