中部山岳国立公園

新潟県、富山県、長野県、岐阜県

中部山岳国立公園は、北アルプス一帯を占める我が国を代表する山岳公園です。昭和9年に誕生した、最初の国立公園の一つです。白馬岳などを有する後立山連峰、剱岳・立山などを有する立山連峰、槍ヶ岳などを有する穂高連峰、最南部にそびえる乗鞍岳など標高3,000m級の山々で構成されています。大規模に切り立った岩壁、深く険しい渓谷、高山帯のお花畑やライチョウ、夏まで残る雪渓や氷河が削ったU字谷、火山がつくりだした湖や溶岩台地など、多彩な山岳景観を呈しており、訪れる登山者を魅了しています。

また、上高地、立山の室堂、乗鞍岳の畳平などの登山口は、公共交通機関によりアクセスが良く、雄大な山岳景観や高山植物を楽しむことが出来ます。
問合せ先
環境省(法人番号1000012110001)
中部信越自然環境事務所
〒380-0846 長野県長野市旭町1108長野第一合同庁舎
TEL:026-231-6570
住所
新潟県、富山県、長野県、岐阜県

奥飛騨のスポット一覧へ戻る