飛騨高山 飾り物

飛騨で江戸を感じる、飾り物

毎年1月に飾り物展が開催されます。
干支や新春の歌会始めのテーマをお題にして
小物を使ってお題に「見立て」をして展示します。

粋って、こういうことなのかな

家の表格子に飾っらりしたそうです。

高山で江戸の粋を感じられるのが不思議。
江戸時代に飛騨が天領(幕府直轄領)だった
からなのだと思うとまた面白いです。
会場にあった資料によると
大原騒動の大原郡代の頃だそうだ。

展示は毎年、1月で一般の人も参加できます。
今年は即位の儀にあわせて5月にもあるそうなので、見られるのが楽しみです。

おまけ
猪が畑を掘り返した跡
を見立てた飾り物
そっくりで笑いました。
bool(false)
書いた人:でん

飛騨の自然が好きで、来ているうちに移住しちゃいました(≧∇≦) 飛騨は楽しい!【HIDABAKO公式記者】

前のページへ戻る