【中部山岳国立公園④】エリア限定おすすめコンテンツ集!

中部山岳国立公園のおすすめアクティビティ・観光スポットをご紹介☆

中部山岳国立公園の各名所にあるおすすめアクティビティ・観光スポットなどをご紹介致します!ここでは、奥飛騨・上高地・乗鞍エリア限定のおすすめコンテンツを集めてみました。ガイドツアーや散策といったアクティビティが盛りだくさんです。アウトドア好きな方はもちろん、インドアの方でも参加しやすいコンテンツもございますので、遊びに行く際の参考にして下さいね♪


↘第1弾「中部山岳国立公園のご紹介」はこちらをクリック
↘第2弾「中部山岳国立公園の見どころガイド」はこちらをクリック
↘第3弾「中部山岳国立公園おすすめコンテンツ」はこちらをクリック

クマさんに餌やり体験・子グマと記念撮影が出来る!「奥飛騨クマ牧場」


「クマさんのテーマパークで可愛らしいクマさんと触れ合おう」


クマ牧場は平湯温泉より車で数分の所にあり、100 頭余りの熊が、 冬眠をしないで、一年中愛嬌を振りまいてくれます。月の輪熊、ヒ熊などを身近で見ることができます。 それぞれに個性的なしぐさ でおねだりするクマさんにえさをあげたりと、いろんな熊のユニー クな仕草が見られる事も!時間を忘れてクマさんとふれあう楽しいひとときをお過ごしください。館内の売店も充実しており 森の物産館では、クマ牧場特製『熊力ドリンク』『熊の油』をはじめ、かわいいファンシーグッズやお菓子など、クマさんのおみやげ がいっぱい!クマさんと楽しく遊んだ後、気軽に立ち寄れるのがポイントです!



お問合せ先:https://kumabokujyo.com/


そこままるでおとぎの国!北アルプス「雪の回廊」

「一面が別世界!冬だけに現れる不思議なトンネル」


西穂高口駅・千石園地に「雪の回廊」が出現!園地一面に降り積もる雪を通路に沿って除雪していくと、繰り返すたびにだんだん高い壁が出来て、それがやがて全長240mに及ぶ「回廊」になります。その高さはなんと3mに至ることも!(積雪の状況によります)標高2156mに降り積もる雪の迫力を、そして、周囲が全て“白”の美しくも不思議な世界を体験して下さい。(※天候により散策できない場合がございます)ここはすごく行き着くまで遠い場所なのですが、でも着いたらそんな疲れは全て忘れるぐらいの素敵な場所です。この雪のトンネルを通ってると別世界にいくようで、不思議な気分になる。絶景の雪のトンネル☆


お問合せ先:http://shinhotaka-ropeway.jp/event/
(出典:Instagram/pottery.liliys様)

標高2702mから望む星空は言葉を失う美しさ。満天の星に願いを☆

「煌めく世界へ誘う!星フル乗鞍de天体観測(夜間ツアー)」


乗鞍岳の醍醐味の一つとしてあげられるのが「星見」標高2702m、澄んだ空気の中で見る星空は格別の感動を与えてくれます。写真だけでは伝えきれない別天地での満天の星空は、ぜひご自身の目でご覧いただきたいと思います。乗鞍岳にある宿泊施設を利用すれば、満天の星空観賞がお楽しみいただけます!バスで行けるところでは高さ日本一!標高2,702メートルの乗鞍スカイラインの頂上の畳平でガイドさんのお話を聞きながらの星空ウォッチング★


お問合せ先:https://norikuradake.jp/


(画像出典:飛騨乗鞍観光協会様)


 


視界がよりワイドに!日本唯一の2階建てゴンドラが生まれ変わります!

「2020年7月15日(水)2階建てゴンドラがリニューアル!」


新穂高ロープウェイ開業50周年に合わせて日本唯一の2階建てゴンドラがリニューアルします!全く新しい360度の絶景がお楽しみ頂けます。ヨーロッパを中心に世界各地250台以上の納入実績があるオーストリアカルパテック社製のヨーロピアンデザインです。ガラス面積を大きく拡張し、防暑・防凍ガラスを採用。よりワイドでクリアな視界になります。また、車内には多言語の案内モニターを4台搭載、海外からのお客様にも便利で快適にご利用頂けます。


お問合せ先:http://shinhotaka-ropeway.jp/


フォトジェニックな愛くるしい癒しの世界☆

「癒しのテディベアと古民家を改築したミュージアム」


飛騨高山テディベアエコビレッジは、環境をテーマにした癒しいっぱいのテディベアミュージアム。築180年の合掌造りの古民家を再生した館内に入ると、歴史ある貴重なベアや、国内外の人気アーティストの作品など、1000体もの愛らしいベア達が皆様をお迎えしてくれます。飛騨高山テディベアエコビレッジは、大小様々なベアが飾られています。また、館内のベアに触れられて、お気に入りの子を抱きしめながら記念撮影ができますよ。特に超巨大テディベアは大人気のフォトスポットです。


お問合せ先:http://www.teddyeco.jp/


bool(false)
書いた人:HIDABAKO編集部(fuji)

前のページへ戻る